2020/11/26 11:44

<横山 昌弘さん(31歳、ゴルフ歴25年)>
キャリア25年の横山さんは元プロゴルファー。横峯さくらプロや出水田大二郎プロなどを輩出した「めだかクラブ」の門下生でした。現在はアマチュアゴルファーとしてプレーを楽しみながら、数多くの競技大会にも参加しています。今回はエキスパートならではの視点で、インソールの効果をチェックしてもらいました。

上級者でもインソール効果で飛距離がアップ

<大蔵ゴルフスタジオ フィッター 吉田さんのコメント>

すごくいいデータをとることができました。インソールの効果がしっかり数字にも表れています。今流行りの地面反力をよりよく使えているからだと思いますが、平均飛距離が10~15ヤードくらい伸びていますよね。

これだけ上級者の方でも飛距離が伸ばせるというのはインソールの力「恐るべし」という感じです。

通常のインソールと「TENTIAL GOLF INSOLE」の比較。ヘッドスピードは変わらないが飛距離は伸びている。

「TENTIAL GOLF」から「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」へ。最も飛んだのは289ヤードのビッグドライブ。

「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」を入れて平均飛距離を15ヤード以上伸ばすことに成功した。

スイング改造しなくても飛ばせるアイテム

<横山さんのレビュー>

まず履き心地はすごくいいなと思っていて、カーボン入りの「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」はインパクトのときに上にジャンプしやすいです。あえて動作を意識しなくてもインソールを入れているだけで、自然にその動きができてしまいます。ひとことで言うと「飛ぶスイング」が可能になります。逆にカーボンなしの「TENTIAL GOLF INSOLE」の方は地面反力が使いにくいのかもしれません。


シューズは自分の足に完全にフィットしているわけではないので、靴擦れなんかもありますが、インソールが入っていると余分な遊びがなくなってぶれないですよね。


体の軸が安定しているので方向性も定まります。飛距離を伸ばすために打ち方を変えるってかなり大変なことなんですよ。いわゆるスイング改造なしに飛ばせるアイテムとしてインソールはとても魅力的です。