2020/11/26 13:16


<吉田 智さん(39歳、ゴルフ歴21年)>

テスト会場でもある大蔵ゴルフスタジオでフィッターとして勤務している吉田さん。いつもクラブフィッティングでスイングやスコアの向上を図っていますが、今回のテストではインソールの効果を見極める役割を担います。他の参加者の結果を分析しながら、ご自身のインプレッションもお願いしました。

曲がり幅はそのままに飛ばせるのは理想的

<大蔵ゴルフスタジオ フィッター 吉田さんのコメント>

3種類試しましたが、カップが入っている「TENTIAL GOLF INSOLE」は指に力が入るというのが第1印象です。もともとかかと体重だったのが、ちょっと前傾が深くなり地面をつかむ感じに変わります。フィニッシュまで一気に体重を乗せることができるので、ボールがセンターに集中したという結果になりました。


カーボンシート入りのインソール「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」はシューズを履いたときに土踏まずが持ち上がるので、より指に力が入るようになります。実際に振っていくとヘッドスピードが自然に上がり、平均飛距離が圧倒的に伸びています。曲がり幅はそのままに飛ばせるというのは理想的ですよね。ベストなフィッティングをしたあとでお客さんに「もっと飛ばしたい」と言われることもありますが、インソールでプラス効果が得られるのはフィッターとして衝撃の事実です。

飛距離に差はないが「TENTIAL GOLF INSOLE」を入れて左寄りだったボールがセンターへ。

「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」ではヘッドスピードが上がり、10ヤードほど平均飛距離が伸びた。

3種類のインソールの差は明らか。「TENTIAL GOLF INSOLE」で方向が安定し「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」で飛距離アップできることが示された。

安定感が得られるとともに足の負担を軽減

<吉田さんのインプレッション>

かかとをホールドする力は確かに強いのですが、率直な感想としては硬く突き上げる感じだと思います。もともとオーダーメイドのインソールを入れていたこともあり「あ、こういう感じだよね」という印象で、「TENTIAL GOLF INSOLE」で言えばすね辺りの張りが軽減されますよね。仕事柄、ラウンド中はカートに乗らず歩くことが多いのでこの点は助かりそうです。


また以前使っていたプラスチック製のインソールだとシューズが破けたりするのですが、TENTIALさんの場合は当たりがマイルドなので安心です。「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」は土踏まずのアーチが強調され、足裏とインソールの一体感が出てきます。僕は足幅が細いのでカーボンありの方が遊びが減り安定しました。