2020/11/26 15:01

<田島 大さん(39歳、ゴルフ歴5年)>
田島さんは平均スコア90台のアベレージゴルファーです。すでに「TENTIAL GOLF INSOLE」を入れてのラウンド経験があり、イメージ通りのショットが打てたなど概ね好感触とのこと。今回はトラックマンでデータをチェックし、改めてその効果を検証しました。実際にプレーした感覚とテスト結果にどのような関係性が見えてきたのでしょうか?

ヘッドスピードとミート率の両方が向上した

<大蔵ゴルフスタジオ フィッター 吉田さんのコメント>

「TENTIAL GOLF INSOLE」だとデータ的には正直あまり変わっていない結果になっていますね。ただカーボン入りの「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」を使ったときに顕著な変化が見られます。ボールが右にスライスするようになったのと、ヘッドスピードが上がってきたことです。

ヘッドスピードが41~42m/sだったのが、最大で45m/sくらいまで上がり、最終的に250ヤード飛ばせています。そして右サイドに集中していると。つまり左サイドを狙って打てば、フェアウェイの真ん中に収まるわけです。1.49というSMASH FACが出ているように、ミート率もしっかり向上しています。数字はウソをつかないので、これを機に飛ばし屋に変身しましょう。

通常のインソールとの比較。「TENTIAL GOLF INSOLE」を入れてヘッドスピード、飛距離ともに向上した。

「TENTIAL GOLF」から「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」に変えて250ヤード越えをマーク。

バラついてボールが「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」で右に寄るようになった。

体がよく回るようになりヘッドが加速する

<田島さんのインプレッション>

率直な感想を言えばインソールを入れるとすごく疲れますよね。特にふくらはぎと足の裏が。インソールがあるこの状況に慣れるまでは、足がガクガクになってショットがぶれる可能性があります。

逆にパターだと安定するのかもしれません。ゴルフのときだけでなく、スニーカーなど普段履きの靴に入れておけばコースに出ても違和感なく打てるのではないでしょうか。

通常のインソールと「TENTIAL GOLF INSOLE」では感覚的な違いはありませんでした。でもカーボン入りの「TENTIAL GOLF INSOLE +CARBON」は振ったときにヘッドが加速します。インソールで足もとを安定させたため、体というか腰を回しやすくなったのかなと。これを入れてのラウンドが楽しみです。